select & remake shop "Retikle"  岡山セレクトショップ

- FASHION WITHOUT PREJUDICE. -

information

2024 / 02 / 10  21:43

SHINYAKOZUKA ISSUE#4 2024SS New Arrival.

Retikleです。

 

2月に入り少しずつ陽も長くなり、暖かさも取り戻してきたこの頃。

 

春夏のアイテムが続々と入荷してまいりました。

 

今回はSHINYAKOZUKAのアイテムのお勧めをご紹介。

 


 

THEME

I love you を夏目漱石が‘月が綺麗ですね’と訳した話があります。
正しい訳とは何かと思わせる素敵な訳し方だと思います。

 

イタリアンレストランでエプロンをしてあくせく働く店員
そのお店でマルゲリータ的なものを囲むカップルになるかどうか微妙な距離感の男女
コンビニで僕の前でタバコを3箱買い、上下スウェットで路地裏に消えていくおじさん
柴犬を連れてとことこ歩くおばあさん
どこに行ったら手に入るか分からないロゴが入っているキャップ
男性たちに両脇を抱えられて千鳥足で歩くロングコートを着た女性
粗大ゴミシールを貼られ朝を待つソファ
看板だけで美味しいのが分かるトンカツ屋
右手にプレミアムなビール

 

夜の帰り道に見た光景です。

 

散歩するのが好きでよくビール片手に歩いています。
20歳の頃は、終電で神戸や京都に行き、
朝にかけて実家の大阪まで歩いたりもしていました。
綺麗な景色や名所は通らずに、商店街や住宅街を歩き、
偶然出逢った上記の景色等を見るのがとても心地よく感じます。

 

頭の中でこれらの景色は勝手に、
それぞれがそれぞれの役割を演じている劇にも見えるし、
限られた情報の中で、その奥のストーリーを思い描く
詩を読んでいるような感覚になるからです。

 

 

若い頃のように、半日かけての散歩はさすがになくなりましたが、
気が向くと事務所から自宅に歩いて帰ったり、
自宅のある最寄りから少し離れた駅で降りて散歩しながら帰るようにしています。
散歩をしている時が、一番考え事をしていたり、アイデアを練っている時間で
リラックスしたとても心地よい時間が流れます。
頭の中は、真っ白なキャンバスに言葉や絵が描かれていき
それらが、住宅街の何の変哲もない景色に重なり
絵空事みたいな景色になる感覚です。
ビールも手伝って。

 

ですので、「ストリート」という言葉は自身にとっては
「ファンタジー」なのかもしれません。

 

 

絵を描く際に、月と家のモチーフをよく描きます。
昔から好きで、何故だろうと思っていました。

 

‘好きなミュージシャンがよく月について歌っているから’
‘バウハウス的な丸・三角・四角の組み合わせに見えるから’

 

そんなところかなと思っていたのですが、

‘散歩で見るよく見る景色’

これが一番しっくりくる気がします。
今回、ずっと何故か青と金が気になっていて、
イヴ・クラインの作品かなーと思っていたのですが、
散歩中に片手に持っていたプレミアムなビールの配色を見て、
「これだ!この親近感だ!」
とも、なりました。
このように、散歩中に得れることばかりでした。

 

いつも、
裏の方が素敵
豊かさは隠れたところにある
と考えてモノを作っていたのですが、
リサーチの過程で、とある本を読み自身のバイアスが壊れました。
そこから
裏'も’素敵
と、言いたいのだと思うようになりました。

 

シンプルに
表も裏も
上も下も
右も左も
強いも弱いも
肯定できるような

 

美味しいモノはもちろん作りながら
「美味しそう」と笑顔で言い合っているような情景を
「美味しい!」と誰かと共有しているような情景を
作れるブランド

 

そのステップになれているかな?
なれればいいな

 

と思ったコレクションです。

 

今回は散歩がきっかけで、
歩くというのは、フィジカルにもメタファーとしても良いと思い、
タイトルは
WONDERFUL WANDER
にしようと思いました。
素敵な散歩
という意味ですが、
訳がしっくりきませんでした。
言いたいことは、散歩が素敵ということではなく、
上記のような情景をそれぞれの生活の豊かさの足しにしてもらいたい
という気持ちです。
ですので、
もちろん今回の情景をそのまま表したり、
喜びや感動を共有して所有したりしてもらいたいという願いを込めて、
WONDERFUL WANDERと書いて、
自分なりに訳してこう読むことにします。

 

月が綺麗ですね。

 

ISSUE#4

WONDERFUL WANDER
‘月が綺麗ですね’

 

 

 



 

肘のあたりに肩線が来るくらいのドロップショルダーと、

二人分くらいの身幅をとり、巨人が着るにも十分に大きくしたスーパーオーバーサイズのボタンダウンシャツ。

デザイナーが思い描く情景を絵に描き、前身頃にラメプリントしています。

生地は光沢感とシワ感を出す加工を施したアセテートサテンを使用。

 

 

 

用尺をたっぷりと取ったオーバーサイズだからこそ活かされる生地の動き。

 

美しいサテン生地というチョイスも抜群。

 

 

まるでどこの国の服か分からないような、無国籍な雰囲気。

鮮やかなブルーとゴールドの配色も、

某ビールの配色から発想を得たもの。

ラメプリントに関しても今シーズンは多く使われ、「やっと出来る所が見つかった」とデザイナーの小塚氏が語っていました。

 

是非身にまとっていただきたい一着。

 

 

8ozのグリッターデニムを使用したカマーバンド。

今シーズンを象徴する鮮やかなゴールドが特徴的。

フォーマルシーンで使われるアイテムであるカマーバンドですが、

リアルクローズのスタイリングとしてもお勧め。

 

 

背面はゴムベルト。

 

個人的にカマーバンドというアイテムは昔から好きで、

タキシードスタイルに用いられる、ウエストラインを引き上げて美しいスタイルを演出してくれるド直球なフォーマルアイテムですが、なかなかリリースしてくれるブランドも希少なもの。

8オンスのグリッターデニムを使用して暗めのゴールドにすることで「新しさ」を演出しています。

その光沢感も味わってください。

 


kroyerの"Boys Bathing at Skagen"という絵画をジャカードで表現したクルーネックニット。

原画通りの月明かりが綺麗なMIDNIGHTカラー。

ボディにはサマーニットらしくドライな肌触りが特徴のリネン糸を使用し、

ラメ糸で月明かりとムーンロードを表現しています。

 

"Boys Bathing at Skagen, Summer Evening" - Peder Severin Kroyer 1899

 

毎回素材を変えて様々な絵画をモチーフにリリースしていますが、雰囲気を引き出しマッチさせる素材のチョイスがいつも見事。

「着るだけでなく、是非絵画としても部屋に飾ってほしい」とデザイナーは語っていました。

着ない日は部屋の壁に飾ってください。

 

 



 

その他にもバギーパンツ、デザインニット、シャツなど様々な新作が入荷しています。

「WONDERFUL WANDER」

春夏もシンヤコヅカの世界を是非お楽しみください。

 

Retikle オカモト


▽Retikle Online Store 公式通販サイト

https://retikle.online/

▽Retikle Instagram

https://www.instagram.com/retikleshop

▽Retikle Twitter

https://twitter.com/retikleshop

2023 / 11 / 03  21:29

【5th Anniversary】 Black Dye Collection.


Retikleです。

 

5周年を迎え、様々なキャンペーンを行っている当店。

アニバーサリー第二弾といたしまして、

このようなイベントを開催することとなりました。

 

 


"Black Dye Collection"

 

 

2023.11.04(Sat)〜

 

Retikleにて5th Anniversary第二弾イベントを開催致します。

5周年を記念して

Blanc YM, LQUARTET, WILDFRÄULEIN...etc

様々なブランドのアーカイブアイテムを元に、

店舗でリメイクアイテムを展開しているRetikleのオーナー自身が染色した特別なアイテムを販売。

 

 

 


 

"黒"をテーマとして、ムラを起こした染めや墨染など様々な染色方法を行ったコレクション。

 

特に今季は、今までセレクトしたアイテムでも「黒」が多いものを意識して入荷しておりました。

 

一口に黒と言えど、素材や染まり方によって様々な顔を見せるのがこの黒という色。

Retikleの今年の秋冬のイメージは黒い服に身を包み、その中に少しだけ鮮やかな色を混ぜ際立たせる、というものがイメージです。

モノトーンでまとめるだけではなく、アクセントもありながら黒の魅力を引き出す。

そういったバランス感が好きなので、提案として打ち出していました。

 

そのテーマを更に打ち出したいために染色としてこの色を選び、

また自分自身が全て染めていく事で明確に伝えたいテーマを色濃く反映捺せたかったというのがあります。



 

Blanc YMで人気のショートトレンチも、一点物として生まれ変わり。

黒の中に見えるステッチの色も、そういった魅力のひとつとして見ていただければ幸いです。

 

 

今回数十点のアイテムすべてが一点物。

 

オンラインストアにも掲載はいたしますが、

一部実店舗限定販売のアイテムもございますので、

是非とも実店舗の方にも足を運んでいただけたらと思います。

 

 

 

オーナーである私自身が全て一点一点染色を施したもの。

 

時間がかかり膨大な量でしたが、新たな魅力を引き出す事が出来たと満足しています。

ご協力いただいたブランド様、誠にありがとうございました。

 

是非ともご覧くださいませ。

 

Retikle オカモト

 


▽Retikle Online Store 公式通販サイト

https://retikle.online/

▽Retikle Instagram

https://www.instagram.com/retikleshop

▽Retikle Twitter

https://twitter.com/retikleshop

2023 / 10 / 21  00:18

【JUHA×UMBRO】 Collaboration.


Retikleです。

 

今季から取扱スタートとなったJUHAからコラボレーションのお知らせです。

 

 

 


 

JUHA×UMBRO

 

マンチェスターのフットボールブランド「UMBRO」とのコラボレーション。

 

デザイナー自身がUMBROを着用し始めた90年代当時のリザーブプレーヤーにフォーカスし「BENCH WARMER」をテーマに、

厳しい寒さを凌ぐウール混紡率が高いイタリア製のボアフリースを採用。


1992年〜1999年当時に使用されていたUMBRO大文字ロゴと、

架空のフットボールクラブのエンブレムが刺繍されております。

 

 





 

 


 

ジャケット、パンツ、アームウォーマー、ネックウォーマー

すべて10/21から販売開始となります。

ぜひご覧くださいませ。

 

Retikle オカモト


▽Retikle Online Store 公式通販サイト

https://retikle.online/

▽Retikle Instagram

https://www.instagram.com/retikleshop

▽Retikle Twitter

https://twitter.com/retikleshop

2023 / 10 / 08  12:17

Retikle 5th Anniversary.

Retikleです。

 

当店は10月8日で5周年を迎える事ができました。

皆様のおかげでここまで来られた事、感謝申し上げます。

 

今回のアニバーサリーは第一弾、第二弾と分け、様々な展開をして行きます。

 

まずは全品ポイントアップのキャンペーン。

10月31日まで、オンラインストアでご購入時に得られるポイントを本日から5倍にさせていただきます。

是非この機会にご活用くださいませ。

 

 

また、今回も周年を記念した別注アイテムを展開。

 



 

東京コレクションデビューも記憶に新しいWILDFRÄULEIN。

こちらと共同で制作させていただいたアイテム。

 

平面立体(パターン上でのシルエットの調整)のテーラードパターンを採用したジャケット。

 

 

レザーのパイピングが成されたアシンメトリーな切り替えラインは、

 

意味のある切り替えとデザインの物を混在させています。

 

 

 

 

生地はイタリアンジャージ生地を使用し、

裏地はキルティング仕様にして着心地と保温性も確保。

暖かく軽量。

 

 

 

 

随所に100年近く前のアンティークガラスボタンを使用。

 

これがまた美しいんです。

 

 

 

素材を活かしアームホールは細く、しかし動きやすくレイヤードにも適した理想的なジャケット。

 

素晴らしいアイテムが出来ました。

 

 

こちらも新入荷のご紹介。

ミリタリーの要素を取り入れた独創的なメッセンジャーバッグ。

 

レザーバージョンは入荷しておりましたが、こちらはナイロンバージョン。

 

 

高いファッション性もさる事ながら収納性、機能性ともに抜群。

レザーと比べてお求め易くなったプライスも魅力です。

 




 

5th AnniversaryのLIMITED ITEMはこれだけではありません。

また更に特別なアイテムも入荷いたしますので、

是非ご期待して下さい。

 

皆様、本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

 

Retikle オカモト


▽Retikle Online Store 公式通販サイト

https://retikle.online/

▽Retikle Instagram

https://www.instagram.com/retikleshop

▽Retikle Twitter

https://twitter.com/retikleshop

2023 / 09 / 05  12:00

【New Brand】JUHA 2023AW START.

 

 

 


Retikleです。

 

新しいブランドの取扱を始める時、というのは非常にワクワクするもの。

 

2023AW今季から新しいブランドとしてJUHA(ユハ)の取扱をスタートいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセプトは"Design and performance that coexist with nature. “

ジェンダーの多様性、流動性を表現。

 

デザイナープロフィール:

某ドメスティックブランドデザインチームを経験後、2015年JUHAを設立。以降東京にて年2回のコレクションを発表。

 

 

 

 


 

定番で展開しているウール素材のタートルネックカットソー。

ネックは首元に沿うタイトな仕様、とろみ感のある素材を活かしたリラックスシルエット。

2/72細番手のウール糸を使用し、キメ細やかでコンパクトな表情。

美しい光沢感とストレッチ性がありながら斜行の無いウォッシャブルウール素材です。

 

 

地肌に着ても全く不快感のない生地感。

インナーとして非常に優秀な一枚です。

 



 

こちらもブランド定番。

身幅をワイドに設定したゆとりあるオーバーシルエット、釦は鈍い光沢の淡水貝を使用したシャツ。

 

 

生地は厳選したコットンを使用した100/2のブロード。

高密度に打ち込み程良いハリがあり、クリアな表面感と鈍い光沢がある品のあるシャツ素材になっております。

特に衿部分の立ち具合が美しいシャツ。

 

 

 

ダブルボタンや背中のディテールも特徴的。

普通のようで、普通ではありません。

 


 

肉厚な裏起毛素材の襟付きスウェット・ハーフジップのプルオーバー。

 

 

大ぶりの襟がアクセントで、ややゆとりあるボディにリブを絞り、丸みのあるシルエットが特徴。

旧式の織機を使用した裏毛の気持ちよさが特徴的なニットで、厚手でふくらみのある柔らかさがあり、起毛によるボリューム感と温かみがあるスウェット素材を使用。 

 

 

ジップを開けたときの雰囲気がたまりません。

 


深い2タックで腰回りにゆとりを持たせた、極太のウールワイドパンツ。

 

 

ベルト後ろ部分にゴムを配しており着心地を確保。

 

 

生地は、オーストラリアのグランビアンス地方で厳選された羊毛を紡績したトレーサビリティーウールを高密度に織り上げたツイル。

整理加工で環境にやさしいオゾンを使用することで、柔らかさを保ったまま水に強い素材に仕上がっています。

 

 

 

用尺を贅沢に確保して生み出す生地の流れと落ち感が非常にエレガンスなパンツとなって仕上がっています。

 

 


 

JUHAで欠かす事ができないのはアクセサリーたち。

 

型を使用せず、全行程を国内の職人にハンドメイドでの制作を依頼したジュエリー。

全てにSILVER925の純銀を使用。

 

 

こちらは角度によってキラキラと光る細く繊細なカットアズキチェーンを使用した二型。

 

Tバーとリングパーツはオリジナルのツイストデザイン。

 

 

輝きの強いスターリングシルバーを使用したリング。

撚り合わせたようなデザインとフラットなデザインの二型。

リングは幅広くサイズをご指定いただけるオーダーも可能となっています。

 


 

癖のあるディテールですらミニマルに落とし込むデザイン力の高さ。

この価格帯でそれらを実現させているというのも魅力です。

 

「自然と共生するデザインと性能」をまさに体現している素晴らしいブランド。

是非ご覧くださいませ。

 

Retikle オカモト


▽Retikle Online Store 公式通販サイト

https://retikle.online/

▽Retikle Instagram

https://www.instagram.com/retikleshop

▽Retikle Twitter

https://twitter.com/retikleshop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2024.07.22 Monday